家具修理職人.com home about us お問い合せ サイトマップ
企業・工房の方はこちらもご覧下さい 家具修理職人とは システムの流れ ビフォアアフター Q&A
職人リスト  
   

木の勉強Q&A

木材の種類と性質について教えてください。
     
  針葉樹と広葉樹があります。

■針葉樹
葉っぱの先端が尖っており、年輪がはっきりしているのが特徴。 常緑樹である。
・材質がやわらかく、軽い。
・木目が比較的まっすぐである。
・加工しやすい。
■広葉樹
・葉っぱが平たく落葉樹と常緑樹がある。
・材質が硬く、重い。*
・加工にしくい。
・丈夫である。
*桐は例外とする

   
  針葉樹にはどういう樹種がありますか?
   
  下記のようなものがあげられます。
●スギ
日本固有の種。
本州北部から屋久島まで生育。
吉野杉、秋田杉、日田杉、屋久杉などが有名。
木目はまっすぐで、特有の香りを放つ。

●アカマツ(レッドパイン)
本州北部〜四国、九州まで生育。
樹脂を多く含み、耐湿性が優れている。
材は軽軟で狂いが少ない。

●クロマツ
本州北部〜四国、九州まで生育。
樹皮が黒褐色、アカマツと比較すると枝が太く、幹も曲がっている。 樹脂はアカマツより多い。

●ツガ
本州南部〜四国、九州〜屋久島まにいたるまで生育。
木肌は粗く、乾燥しやすい。

●ヒノキ
本州中部〜九州まで生育。
針葉樹の中で最高級。日本国内の森林でスギに次ぎ2番目に多い樹種。
日本固有の種。弾力性に富み軽軟にて加工性がよく耐久性に優れる。
樹皮は褐色、帯状に剥がれる。木目はほぼまっすぐ。
ヒノキチオール、ヒノキニンなどの特殊成分により腐りにくい。

  ▲TOP
  広葉樹にはどういう樹種がありますか?
   
  下記のようなものがあげられます。
●ケヤキ
本州、四国、九州で生育。
樹皮は灰白色、または灰褐色。
黄色味を帯びたつやのある材で硬い。
耐湿、耐久性に優れる。

●ブナ(ビーチ)
北海道南部から本州〜四国、九州で生育。
保水力が強く、加工が容易で、曲木加工に適する。
肌が緻密で、柾目綿には銀杢が現れる。

●キハダ(コーク)
北海道、本州〜四国、九州で生育。
樹皮の内側は、黄色く生薬としても使われている。
軽く、硬質。

●クリ(ウォルナット)
北海道南部から本州〜四国、九州で生育。
水湿に優れ、材は重硬で弾力がある。
肌目は、粗く、色は灰色がかった褐色。

●ナラ(オーク)
北海道から本州〜四国、九州で生育。
重硬で、木目がはっきりしている。板目は、タケノコ模様、
柾目はストライプで虎斑といった、点状の模様が入るなど
独特である。

●カエデ(メープル)
木肌が白っぽく、肌目が綿密で材質は硬い。
絹のような光沢があり、使い込むほどにあめ色に変化を遂げる。
表面仕上げもきれい。

   
  柾目と板目って何ですか?
   
  中心部に向かって切ったものが柾目で、中心を外れて切ると板目になります。
柾目は、直線的な木目となります。
板目は、竹の子のような木目となります。
  ▲TOP
  合板ってなんですか?
   
  合板は、単板(ベニア)と呼ばれる薄い板を張り合わせたもの。建築や家具に幅広く使われています。
単板には、丸太を回転させながら薄くむいた、ロータリーベニアと、薄くスライスした通称突き板と呼ばれるものがあります。突き板は、表面の木がきれいに取れるため、表面に張る材料となります。合板は狂いの少ない、比較的柔らかい材料が使われます。
   
  木材を曲げる方法にはどういった方法がありますか?
   
  成形合板と、曲木があります。
成形合板は、単板に接着剤を塗り、型でプレスし、さらに加熱して、硬化したものです。
イスの座板などの幅広いものから、脚などのフレーム材まで家具に多用されています。
使われる材料は、ブナが一般的で、表面にさまざまな樹種を張ることになります。
また、曲木は、古くからある技術で、木材をカマなどに入れて煮沸し、木が軟化してから鉄製の曲げ型にはめ、さらに乾燥室に入れて形状を安定させて成型します。イスやテーブルの脚などの利用が多く、丸みのある柔らかい形は親しみやすいと言えます。
曲げやすい材料として、ブナやナラがあります。
▲TOP
▲Q&Aリストへ
木の勉強Q&A
家具の材料別お手入れQ&A
家具のお手入れQ&A



 
   
  home | about us | 家具修理職人とは | システムの流れ | ビフォアアフター | Q&A | 職人リスト | 企業・工房様へ | お問い合せ | サイトマップ